読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラ見てきた

 2016年7月29日にシン・ゴジラを見た。

 見る前は監督が庵野さんだしゴジラの腕が短くてエヴァンゲリオンの実写みたいな感じなんだろ〜な〜と思っていた。実写のヤシマ作戦みたいな感じかな〜って思ってた。

 

前提知識

 EVGENIYのゴジラ事情を書いておく。ゴジラシリーズは一通り全部見たしエヴァもアニメ版は全話見た。小さい頃はゴジラの新作が出ると映画館に連れて行ってもらった。小学校の時に当時の全VSシリーズと昭和ゴジラの何作かをレンタルビデオで見た。当時のお気に入りはVSデストロイアだった。今も好き。終わり方が良い。

 

 ゴジラ全作を見たのはつい最近で今年の5月にWOWOWゴジラ作品を一挙放送していたので全部見た。VSシリーズも復習がてら見た。

 

 エヴァ事情も書いておく。毎日有名なアニメを見ていた時期があった。エヴァ北斗の拳銀河英雄伝説等をほぼ毎日見ていた。エヴァはこの時期より前に最初の5話程度は見たことがあったが、この時期に全話見た。

 

シン・ゴジラの感想

 内容・迫力が良い。後半のテンポが良く終わり方もわかりやすい。BGMも良い。ニヤッとした。あまり臭い演技がなくてリアリティなゴジラだった。

 最初はかなり失望した。途中まで良かったのに「え?なんで????」と困惑した。「全然ゴジラじゃないじゃんwこれ敵かな?」と思う程ビジュアルがゴジラからかけ離れていた。だんだんゴジラになって「そうかそういうことか。」と理解できた。ある意味新しいゴジラだった。ちゃんとしたゴジラになってからはゴジラらしさ満載の迫力ある映像が続き、更にこれまでにないゴジラを見た。ガンダムだとユニコーン(小説版)を見た時の感覚に近い。感想を一言で言うと「そう来たか!でも、これはこれで面白い!!」だ。

 個人的にはゴジラエヴァを見たことない人は十分に楽しめないのではないかと思っている。『あーこれがシン・ゴジラか~』で終わってしまうだろう。ゴジラエヴァも見た私は十二分に楽しめた。「このセリフはあの作品のだよな」とか「ここでこの曲をかけるか」とニヤニヤしながら見ていた。久しぶりにまた映画館で見たい映画に出会えた。

 

メモ

 「大学の研究室みたいだな」と思うシーンがいくつかあった。あのシーンを見て「そうか、これが通じるっていうことは日本中の研究室がこんな感じなんだな」と感じた。このタイミングで見られて良かったと思う。社会人になってから見るとどう思うのだろう?